1日目・トマトが中心!ミネストローネスープ

トマトが中心のスープ・ミネストローネスープ(別名デトックススープ・脂肪燃焼スープ)

まずは、スープのベースとなるものを準備します。
スープのベース代表格となるのがこのトマトです。

 

ダイエットの側面から見た栄養価、味、スープとの相性は抜群です。
イタリア料理などでもお馴染みですが、パスタの味のベースともされているトマトパスタですと

 

ROSSO=トマト(赤い)
BIANCO=塩、ブイヤベース(白い)
NRO=イカ墨(黒い)

 

と振り分けされているようです。

 

 

トマトには皆さん、よく聞いたことがあるリコピン(トマトの赤の成分)や脂肪を燃焼させるリノール酸、アルコールを早く分解させる効果もあります。

 

しかも、ハゲにも効果があるといわれ、髪の毛の健康維持、こちらもよく聞く視力の維持皮膚や粘膜、呼吸器官を守る成分が詰まっているスーパー緑黄色野菜なのです。

 

だので、このトマトを用いたスープもそれなりの威力があります。
そのままかじるもよし、モッツァレラチーズとバジルそしてオリーブオイルで食すのもよし、ですがやっぱり一番体に取り込みやすくするのはスープかジュースにしてしまうこと。
苦手な方にはサプリメントなどもございますが、それだとそもそもダイエットの趣旨からズレてしまうので私は断然ジュース・スムージー・スープでまるごとトマトの栄養をとっていただくことを推奨します。

 

あらゆる食材のベースとなるものですが、他の食材の個性の邪魔には決してなりません。
こちらでは一般的なミネストローネスープを作りますが、あくまでベースなのでこれをアレンジして
作って見てください。
それでは、材料から。

 

(2人前を想定しています)

 

玉ねぎ(2分の1個)
人参(3分の1本)
セロリ(2分の1本)
キャベツ(2枚ぐらい)
ベーコン(お好みの量で)
固形スープ(2分の1個)
カゴメトマトジュース(1缶)
カゴメトマトピューレ100g(1袋)

塩・コショウ(お好みで)
トマト(1つ)
オリーブオイル(小さじ1杯)

材料はこんな感じです。
あくまで2人前なので冷凍してストックをつくる時は
これを単純に5倍で作ってください。
また、ほかのレシピを見るとジャガイモを入れているところが多いですが、たくさん作る
時はジャガイモは腐りやすく、スープに何故か変調をきたすことがあるので、まとめて
作るときは向きません。

 

玉ねぎ・セロリ・キャベツ・ベーコン・トマトは1センチ角に切ります。
人参はそれより細かくみじん切りに。

 

鍋にオリーブオイルでベーコンから炒めます。
ベーコンに少し焦げ目が付いたら、ほかの野菜も投入、炒めます。

 

ざっくり2分ほど炒めたら水400ml(カップ2杯)・固形スープの素・トマトピューレ・トマトジュース
を入れます。

 

玉ねぎと人参が柔らかくなるまで煮込み、塩とコショウで味を整えて
完成です。

 

あくまでもベースの作り方なので、具材などはお好みで変化させてください。

 

1人前のカロリー・約130i

2日目・オニオングラタンスープへ行く>


スポンサーリンク

関連ページ

2日目・簡単すぎるド定番・オニオングラタンスープ
玉ねぎって万能食材ですよね? そんな玉ねぎさんの特性としてもちろんダイエットに効果がある成分も 入ってございます。 この玉ねぎの臭成分は、体温を上昇させるという成分をもっており玉 ねぎを食することで血行促進、脂肪燃焼につながるわけでございます。 よく血液がサラサラになるっていいますよね♪ しかも年がら年中出回っています。
3日目・クノールでいいじゃん?いやいや、作って見てみそ、美味しいコーンスープ
スープの代表格のコーンスープ。 クノールさんの粉末のスープを飲むとうまい!! と冬になるとしみじみ感じます。 企業努力もさることながら、粉末ながらも非常にレベルの高いスープを提供してくれます。 しかし、一度自分で作って見てください!一見作るがめんどくさそうですが一度自分で本格てきに作ってみると何とも言えない深い味わいのコクのある スープができます。
4日目・魚介で作るクラムチャウダー
クラムチャウダーってなんだか魚介類がごちゃごちゃ入っていて作るのとか難しそ〜〜 ってみなさん思っていませんですか? 何を隠そう私がそうでした・・・(-.-;) でも実際作って見ると超簡単。 しかもクリーミーでかつヘルシーです。 具材によっては豪華に見せることも可能。 冬にはやっぱりクラムチャウダーですね! 魚介類がメインとなりますが、野菜もたくさん入って栄養は満点です。
5日目・温・ジャガイモポタージュ 冷・ビシソワーズ
こちらのジャガイモも年がら年中あります。 日本は芋大国なので絶対作り方を覚えても損はしないと思います。 しかも、こちらのスープは少しでもお腹いっぱいになります。 注意点は芋だけに芋オンリーで作ってしまうとカロリーが高くなりますネギを小口切りにしてたくさん入れるとか 他の食材玉ねぎなどをすりがねでペースト状にして少し混ぜるかネギをミキサーにかけて混ぜるとカサマシができます。
6日目・サラダスープ・ガスパチョ
簡単スープです。 スープ・・・ というより、ジュースとスムージーのあいだぐらい? いや、スープ・・・です。 本当にミキサーがあれば、5分かからないぐらいでできてしまうのがこのスープのいいところ。
7日目・ほとんど手抜き?ウマすぎとろろスープ。
皆さん突然ですが、とろろ芋好きですか? 私は大好きです。 というかこんな万能食材あっていいのでしょうか? 実は私、大のとろろ蕎麦好き。 週に1度は必ず食べたくなるほど好きです。 もうほとんど禁断症状に近いぐらい食べたくなります。 めんつゆと生卵、そしてとろろに蕎麦をつけ、一気に啜り上げる最高のひとときです。 要するに何が言いたいのかといいますと、蕎麦はイマイチカロリーが高いので、とろろのスープで 我慢しましょうということです。
8日目・レンコンってスリおろすと美味しんだ・・・
皆さん、レンコンって知っていますよね? 私実はレンコン苦手だったんですよ。 だって、あれって美味しいですか? サクサクしてるのはいいんですが、なんか泥臭い・・・ 気がするのは私だけでしょうか? これは、たまたまテレビで見たのでやってみたのですが・・・ 実行に移さなければ、今でもレンコンさんの見方は変わらなかったでしょう。 今はレンコンが冷蔵庫のなかに入っていても邪魔に思いません。(母がよく買ってくる)
9日目・ミルクとかぼちゃの豆乳スープ
ハロウインでは随分な活躍ぶりを見せてくれるかぼちゃさんですが、食品としても スープとしても非常に優秀なのは皆さん知っての通りです。 アメリカでは超巨大かぼちゃの大会があったりするんですが、日本にもあるんでしょうか? 個人的にはかぼちゃの煮物とかが大好きな私ですが、スープもなかなかです。 今回はかぼちゃがごろっとして食感が楽しめる方を紹介します。
10日目・スープですか?おでんですか?大根です。
・・・おでんですよね? い〜〜え大根のスープです。 大根はどこまでが大根か? どこまでも議論できそうな議題ですが、これはれっきとしたスープです。 この大根の姿煮スープがおでんかスープかについては、大根のスープの浸っている率によって 勝手にスープと認定させていただくことにしました。 基準なのですが 1・ 7割スープに浸っている。 2・ ほかの具材が周りにない(こんにゃく、はんぺんなど) 3・ 皿に大根が1個のみスープに鎮座していること これをルールとします。 よって、今から紹介するのはスープです。(-.-;)

トップメニュー キッチン雑貨 様々なダイエット手法