絶対痩せたい!30代・40代からのスープダイエット!

野菜とスープと体と健康と・・・

旬の野菜のみずみずしさ、力強さは味わいと土の深い香りに溢れています
特にそれらは、自然からの絶大な恩恵であり、また農家の方々の手間暇によって育まれています

 

だからこそ、というわけではありませんが、野菜の全て、皮、先、根っこや芯や軸までもできるだけ全てを捨てないで使いたくなりませんか?

 

出来るだけ全てを使って調理してみよう!!と意気込んでたくさんのお野菜を調理していると硬かったり、渋かったり、これはいくらなんでも食べれないだろう・・・というとこまでなんとも深い味わいになることに気づかされました。

 

時間をかけて火を入れたりと試行錯誤を凝らしているうちに意外にも想像を超えた優しい味わいや深い味わいになる野菜の魅力が私を野菜スープづくりに駆り立ててくれます

 

皮付きのままの調理方法もあります

 

基本的には捨てるところなどない野菜

 

実は、野菜の皮や芯こそが、たくさんの栄養価が詰まっているところなんだと実感します
ビタミン、鉄分など皆さんお馴染みの栄養価やアンチエイジングや生活習慣病の予防にもなるミネラル、フィトケミカルも豊富に摂取することができます

 

これからご紹介する野菜スープは出来るだけ野菜をまるごと使用したスープのレシピなどをご提案させていただきます皆さんも野菜スープのすごさに引っ込まれて、いつまでも若い体をキープしてください
そんな願いを込めてご紹介します

 

 

野菜は加熱したほうがコクが出る

 

野菜というのは
生でたべてももちろんですが、炒めたり焼いたりすることで甘みやコクが出てくるようにできています
そして、ここがワンポイントなんですが、火を通すときは塩をひとつまみさらりと野菜にふりかけましょう
そうすることにより、野菜の余分な水分が抜け野菜自体の味わいが深くなっていきます

 

 

ダシなども活用する

 

うまい!!と言えるようなスープの決めてはダシなどを使うことでより確かなものにできます
昆布、魚介などはたまた、動物性のとんこつなども使ってもいいかもしれません

 

特に野菜と魚介は相性抜群です
不思議なことに山のものと海のものなのに、相性がいいのです

 

乳製品には少し注意を!!

 

乳製品と相性が悪いというわけではありません
調理工程での乳製品の取り扱いに注意しましょう

 

何故かというと、乳製品(豆乳も含む)を加えて煮立たせると、スープが分離してしまうおそれがあるからです
必ず乳製品は仕上げに加えましょう
それでは、みなさん、スープづくりを始めましょう!!

野菜とスープと体と健康と・・・記事一覧

彩豊かな春野菜ミネストローネ

珍しい、トマトが入らない、春野菜で作ったミネストローネですこちらは6人前の材料でご紹介します2月〜5月向けのスープです、春ですね〜春といえば春野菜、春野菜で美味しいスープを作ってみましょう!

≫続きを読む

スナップエンドウと魚介仕立てのスープ

スープダイエットなど話題のダイエットで痩せる

≫続きを読む

スポンサーリンク

トップメニュー キッチン雑貨 様々なダイエット手法