絶対痩せたい!30代・40代からのスープダイエット!

抗酸化力の高い食べ物はフラボノイド、ミネラル、ビタミンがキーワード!

「抗酸化力」とは

「抗酸化力」がある食べ物が、老化を防ぐとされますが、まず、この「抗酸化力」といものは何でしょう。
それは体が、活性酸素によって酸化されることを防ぐ効能ということです。
本来、活性酸素は細菌やウイルスなどの攻撃から身を守るために生成される物質なのですが、過剰に生成されると、
老化を早める原因になると言われています。活性酸素を増やす原因は、紫外線やストレスや喫煙、農薬などですが、
こうした活性酸素を阻害するのが「坑酸化力」のある食べ物です。

 

 

こうした力のある食べ物を摂ることで、体を活性酸素から守ることができるのです。

 

抗酸化力のある食べ物とは

 

抗酸化力をもつ食品にはさまざまですが、その基本となるのが、植物の葉とか、野菜、果物、ミネラルです。具体的に紹介しますと、植物のフラボノイドの力です。フラボノイドが、植物には豊富に含まれます。まず、トマトで有名なリコピンてすが、すいか、さくらんぼなどにも含まれます。
ポリフェノールもはフラボノイドの一つですが、カカオ、赤ワイン、ブルーベリーなどに含まれています。

 

イソフラボンは大豆、豆乳、豆腐などの大豆製品に。ペクチンは、りんご、みかん、あんずなどの果物の皮に含まれます。

 

また、ビタミン類も活性酸素を予防します。ビタミンAは、緑黄色野菜のかぼちゃとかほうれん草、ニンジンなどに…。
ビタミンCは、いちご、レモン、キウイフルーツなどに、また、ビタミンEは、ナッツ類アボカド、ブロッコリーなどに含まれます。

 

また、ミネラル類も抗酸化力をもっています。亜鉛ですが、カキ、小麦胚芽、レバーなどに含まれ、セレンは大豆、玉ねぎ、魚介類などに含まれます。こうした食べ物を意識的に摂ることで、活性酸素は阻害され、細胞も若々しく活性します。

 

ハーブティも有効

そもそも活性酸素を阻害するのは、葉っぱに含まれるフラボノイドが多いですから、葉や実であるハーブは、そのお茶を飲むことで、こうした植物のエキスを体内に取り込むことが可能です。「ローズヒップ」ティは、バラが咲いた後の実のことですが、一番の栄養素があるハーブティといわれています。

 

ビタミンCから始まり、ビタミンP、ビタミンE、リコピンなどのポリフェノール、β-カロチン、鉄分、カルシウム、カリウムなどミネラル分も並びます。おまけに、ビタミンCはレモンの20倍。このビタミンCが、活性酸素を阻害してくれ、美肌づくりとアンチエイジングに貢献してくれるわけです。

 

ハイビスカスティもビタミンA、C、B群を含んでおり、カルシウム、鉄、銅、亜鉛というミネラルと美容に良いことばかり。カリウムも含まれますから、コレステロール降下もしてくれます。また、ハイビスカスティに含まれるクエン酸は、血液中の余分な脂肪分解促進、血液内の老廃物の運搬をスムーズにして体の中からきれいにしてくれます。"

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

ビタミンACE(エース)で老化防止!!
タミンAはレバーに含まれています また、人参などのβーカロテンも体内でビタミンAに変化します このビタミンは油性なので、油と一緒に摂取すると吸収率がよくなることがわかっています まあ、普通に野菜炒めですかね? でも野菜炒めは少しカロリーがお高めなので、できれば蒸した人参をオリーブオイルなどでいただくととてもオシャレにかつ、エレガントにいただくことができます レバーが苦手な人には人参がおすすめ また、市販の人参ジュースに少しオリーブオイルを混ぜていただくという手もあります
みんな大好きビタミンE食材で老化防止!!
ビタミンEは油性ビタミンですので、なんとなくねっとりとした食材が多いです そして皆さんが好きなはず?のあの野菜もビタミンEが豊富に含まれています そう・・・ アボガドです!! ・・・ ・・・ まあ、嫌いな人もいますがね・・・ アボガドの他にはかぼちゃ・胚芽なども多くビタミンEが含まれています
普段の生活に簡単にエイジングケアを取り入れる
食生活・・・皆さんどうしてます? 僕はいまやほとんど自炊が多いのですが、やはり食べるものには気を使うようにしています さて、じゃあどのようにして健康管理を行っていけばいいのでしょうか? 今僕がやっている方法をご紹介してみます
抗酸化力のある食品で老化防止!!
最近では、アンチエイジングや抗酸化作用という言葉を良く耳にするようになりました。 そもそも、老化というのは、細胞から発生する活性酸素が身体を酸化させて錆びさせてしまう事を良い、 この活性酸素が発生するのを抑える作用の事を抗酸化作用と呼びます。 そして、この抗酸化作用が高い食品というものが実際に存在しています。 ここでは、10の抗酸化作用の高い食品について見ていきましょう。
抗酸化力抜群のトマト
て、あの赤い野菜が抗酸化力が老化予防にも健康にもいいと言われています。 ちなみにこのサイトでも何回も登場している奴です 抗酸化力といえば!! なかでも、なじみの深いトマトが素晴らしいのです。トマトは赤くてかわいい見た目ですが、この赤い色が「リコピン」の赤い色なのです。 丸くてつやつやの赤いトマト、結構なパワーを持っています。
おいしく身体に取り入れるのが吉、トマトの缶詰
先程は、あくまでも生のトマトについて書かせていただきましたが、トマトは生でもいいのか? という疑問です それは、トマトという野菜の特色にあります まず、下記をお読みください 以前、恩師が「長生きしたければ息をするな。」と大胆な事をおっしゃっていました。 講義の内容は“酸化”についてだったのですが、要は酸化をする事によって人間は老いていき、やがて死ぬといった事を大まかに説明したのが恩師の言葉です。
酵素玄米の抗酸化作用とは?
玄米を小豆と少々の塩で一緒に炊き、3日間そのまま寝かせておくとできる酵素玄米。 寝かせ玄米の別名でも知られています。 この食品の栄養素にはメラノイジンという色素が含まれています。 メラノイジンには抗菌作用と強い抗酸化作用があり、老化や癌の予防に効果があるとされています。 酵素玄米が昨今人気が出ているのはこのためです。 更にはコレステロールを抑制し、成人病予防にもなる
抗酸化力のある食べ物のジュースで元気になろう
抗酸化力のある食品は、たくさんあります。 そしてそれを毎日摂取することで、体を元気にすることができます。 そのため、毎日摂取をすることが大事と言えます。 ですが、抗酸化力がある食品を毎日料理として固形の状態で体内に取り込むのはちょっとしんどい(´Д` ) その抗酸化力のある食べ物を毎日摂取するためには、スムージーなどジュースにするといいですね。 毎朝、決まった時間にスムージージュースにすることによって、抗酸化力をつけることができます。 そしてそのスムージージュースにする食べ物としては、まずバナナがいいですね
豆腐とネギと生姜で抗酸化力をつけよう
抗酸化力のある食品として、豆類を上げることができます。 豆類は、女性ホルモンの分泌を助ける作用がありますね。 そのため、更年期障害の時には豆類を食べることを推奨されています。 そのことから、心身ともに健康であるためには、とても良い食品なのです。 その豆類としては、豆腐が一般的に食べられています。
トマトは抗酸化パワーのある美容サプリ
赤い色の緑黄色野菜の代表と言えばトマトです。美肌のために役立つ栄養素がたっぷりな ことでも良く知られているトマトですが、抗酸化パワーもとても優れています。 トマトが素晴らしすぎるので追記です! トマトに多く含まれている栄養素はベータカロテンですが、これは皮膚を健康に保ったり 免疫力をUPさせたりガンを予防するのに役立つ栄養素です。 このベータカロテンだけでも 抗酸化作用があるのですが、実はもう1つトマトには抗酸化作用をもつ栄養素が含まれています。 トマトの真っ赤な色はリコピンという色素で、これが抗酸化作用の高い成分になっています。
毎日緑茶を飲んで体を病気から守ろう
抗酸化力のある食品として、緑茶を上げることができます。 緑茶といえば、日本人には馴染み深いものですね。 ちなみに私は茶坊主と言われるぐらいお茶飲みまくります(^_^;) 冬は温かい緑茶、夏は麦茶なんて感じですね 最近では、お菓子にしたりして、飲むだけではなく食べることもできるようになっています。
抗酸化作用が高い食品は安価なモノが多い
女性でも男性でも誰でも若く見られたいと思っています。 そのためには食べ物を改善する事はものすごく重要です。 皆さん抗酸化力がある食品取り入れてますか?引き続き、抗酸化作用のある食べ物を紹介します。 まず、手ごろに食べるれて手に入りやすい食べ物ですが、バナナを食べると良いといわれています。 バナナはアミノ酸やビタミンの宝庫でさらに食物繊維もたっぷりと含まれているのでオススメです。 朝に軽く一本食べる事が出来ますし、時間がない人は車の中でも食べる事が出来ます。
当たり前だが、体にいいリンゴ
リンゴは私たち日本人にとってなじみの深い果物です。小さなころから食べなれている方も多いかと思います。 しかし、意外にもリンゴの素晴らしさはあまり知られていないかもしれません。 よく、「一日一個のリンゴは医者を遠ざける」ということわざを聞くと思いますが、これは栄養価の高いリンゴにとてもたくさんの効能があることからそういわれてきたのです。 リンゴには高血圧、大腸がん、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果のある「食物繊維」がとても豊富に含まれています。 他にも、ビタミンCやカリウム、カルシウム、カロチン、マグネシウムも含まれています。
キャベツの抗酸化力は最もお手軽に入手できる
近年は野菜の値段が上昇傾向にありますが、キャベツはもっとも安く購入できる野菜のひとつです。 スーパーで大変安いときは本当に安く売っています 私の近所のスーパーではお野菜タイムセールを実施してますからね そんな時私は勇んでスーパーに出かけます!!(^_^;)
アンチエイジングは日頃の食生活から
皆さんアンチエイジングしてますか? ここ数年、アラサーとかアラフォーなどという言葉が定着し年齢に焦点が当たると同時に、年齢・加齢に反して、若返える、年齢に逆行するアンチエイジングという言葉や商品が多く見られるようになってきています。 加齢に伴う、がんの発生リスクの高まりや、肌のくすみやシワなどが増えていく背景には、活性酸素が関係しており、これは人間が普通に生活していくうえで、普通に全身の細胞で発生していくものです。 この活性酸素を抑える物質として抗酸化酵素というものがあるのですが、これは20歳を境に老化していき、生活習慣病の発生や老化が早まる原因にもなるため、抗酸化作用がある物質を多く摂る必要が出てきます。 その抗酸化力のある食べ物としては一般的に規則正しくバランスの良い食生活を送っていれば摂取できていけるのですが、より抗酸化作用の食物を毎日効率よく摂りたい場合には以下の物がオススメとして挙げられます。
抗酸化作用があるファイトケミカルについて
身体の健康を保つ方法には様々なものがありますが、やはり日々の食事というのは非常に大切であり健康食品もしっかりとしたものを選びたいものですね。 健康の問題でも避けて通れないものとしては加齢に伴う老化現象がありますが、その老化対策として抗酸化作用がある食品というものを摂取するのがよくテレビや雑誌などで言われています。 例によってその抗酸化作用のある食品を簡単に紹介したいと思いますが、その中でも最近耳にするようになってきたファイトケミカルとう商品群を説明していきます。
抗酸化フルーツ
ス―パーでも手頃に買えるアメリカンチェリー。 甘くておいしいだけでなく、意外にも栄養があり抗酸化作用も期待できます。 主な栄養素としては鉄、葉酸、メラトニン、カリウム、クエン酸、アントシアニン、ケルセチン、と女性に嬉しい成分が沢山。 特に注目したいのがアメリカンチェリーの濃い赤色はポリフェノールです。日本のさくらんぼとの栄養素の違いはこのポリフェノールが沢山含まれている事。アメリカンチェリーに含まれるポリフェノールはアントシアニンやケルセチンと呼ばれ、強力な抗酸化作用があります。

トップメニュー キッチン雑貨 様々なダイエット手法