絶対痩せたい!30代・40代からのスープダイエット!

お弁当を持参しよう!メリットだらけの弁当持参。

お弁当持参のメリットについて前回は話させていただきました
さてお弁当・・・
コンビニ弁当でもいいと思います。
最近のお弁当はレベルが本当にたかいですよね?

 

種類も豊富、一応ちゃんと栄養のバランスも考えられている
基本的にはほぼタンパク質を中心としたメニュー構成になっていると思います

 

見た目がね

 

色彩的にもバランスを考えた色彩です

 

でも

 

でも

 

私はそれでもお弁当持参を推奨させていただきます

 

まず、他所でかったお弁当のデメリットは自分の感覚で栄養のバランスが取れないというところが大きなデメリットとしてあります
すでに出来上がったものを提供する形となりますので、自分で栄養のバランスをとることは困難きわまりますね

 

そして、買いに行く手間というものがあります

 

お弁当も食材を買いにいきますが、それはあくまでプライベートな時間です
会社でお弁当を食べる!ということになるとまず、コンビニか近くにお弁当屋さんがあればお弁当屋さんに駆け込みます

 

そこで、ビジネス街であれば、さらに待ち時間、自分が食べたい弁当の選定などここでも時間がかかります
さらに弁当を作り置きしないタイプのお弁当屋さんでしたら、お弁当をつくるまで待っている時間など、この時点で10〜15分ぐらいのロスタイムが見込まれますよね?
正直な話、私たちサラリーマンにそんな時間はありません

 

また、お弁当を食べたあとの処理
まず、プラスチック製のゴミが出ます

 

食べたあと袋に閉じて、ゴミ箱にぽいするだけでいいとは思いますが、それは、それで煩わしいです
エコの観点からいってもなんか好ましくない・・・

 

そして、一番は・・・

 

お値段がそこそこしちゃうです

 

正直な話、自分が食べたいと思うものほど高い気がしてなりません
といいつつも、私がホットモット(たまに本当に食べたくなる)の唐揚げ弁当はすんごく安い時がありますけど・・・

 

まあ、それでもお弁当を購入して食べようと思うと、500円ぐらいはご用意が必要になってきます

 

サラリーマンである私たちのお昼のお食事代はできれば250円ぐらいが理想・・・と私は勝手に思っています
500円以上は出せない・・・いや、出したくない・・・
断固とした決意が私にはあります

 

また、僕がいうのもなんですが、お弁当を持参してくる女子は何故か可愛くてキレイな方が多い←(偏見ではありません!!)
スープジャーもしかり、これは毎回不思議に思うのですが、なぜでしょうか?
きっと、できる女子は違う!ということですかね?

 

あっ、気がついたらお弁当を持参してこない事のデメリットばかり書いてました
次回は本当にメリットいきます!!

スポンサーリンク

トップメニュー キッチン雑貨 様々なダイエット手法