絶対痩せたい!30代・40代からのダイエット!

スーパーのピーコックではありません。

動物の名前多くね?
と思ったのは私だけではないはず。

 

象・寅ときて次は孔雀です。
あくまでも私の予想ですが、孔雀のように美しく、羽を広げ世界にまで事業を展開していきたい。
そんな創業者の願いが込められた、会社・・・それが、ピーコック魔法瓶工業と思いましたが、例のごとく違います。

一口メモ→ピーコック名前の由来

前進のタイガーや象印に伴い孔雀印魔法瓶工業として創業されたようです。
前進の2社よりは遅れましたが、海外輸出で大きく事業を展開、現在のピーコック株式会社は
輸出部門を担当する関連会社だそうです。

 

評価、レビューは?

実はレビュー自体が少なかったのですが、結果を言えば、レビュー2件で☆ 5つです。

 

レトロな感じかいい、くぼみがあり使いやす、安いのに保温性はまあまあといったレビューでした。
私が感じたのは、ピーコックさん自体、そこまでスープジャーに力は入れていない感か、もしくは色の数も少ないので、量より
質で勝負!!一生使えるスープジャーを目指す!!的なことかな・・・と。

 

デザインはなかなか可愛らしいデザインです。
私もこういったシンプルなデザインは嫌いではなく、この価格帯でしたら、購入して子供に使わせてもいいかな?
と思いました。

 

確かにレトロ感が出てます。

 

 

男の子用・女の子用みたいな感じがかわいいです☆

スポンサーリンク

関連ページ

象印
正式名称は象印マホービン株式会社 大阪に本社を置く名前の通り魔法瓶を扱調理器具専門の商社です。
TIGER(タイガー)
こちらの名前の由来はシンプルです。 創業者が寅年だったから、その寅と虎の勇猛さをかけて、当時の食品器具メーカを勇猛に生き残る タイガー魔法瓶株式会社です。
サーモス
北の寒い大地での生活を越すため、サーモン(鮭)を使った郷土スープがよく家庭で作られていたため 真空断熱材の研究も深く行われた。 その郷土料理(サーモンのスープ)を文字り、サーモス株式会社か?
FORTEC(フォルテック)
個人的にデザインがカッコイイと思うスープジャーです。 1951年に和平商店という個人商店からの創業でここまでの規模まで拡大された会社のようです。 後に和平金属という商号に変更していることから、もともと食卓機器の販売を目的とした会社だったようですね。 調理用品のマーケット拡大に尽力しているようでして、スープジャーも使い勝手が良さそうなスタイルをしております。
STANLY(スタンレー)
私が最もオススメするスープジャーメーカー・スタンレー。 重厚な佇まいと存在感、そしてシンプルかつ米軍を彷彿とさせるコントラストはひと皮剥けた男子諸君にはピッタリなスープジャーでございます。 スタンレーはイギリスの探検家ヘンリー・モートン・スタンリー卿に由来、そして、スタンリーという名前自体は山脈の名前をあやかっています。
ハレイワ
ハワイってスープ流行ってんの? って疑問に思ったあなた。 スープは全国共通の国民食です。 その名前もなんと
フリーコンセプト
こちらのスープジャーは知名度はほとんどありません。 でもお弁当箱のメーカーさんが作っていることはたしか。 わたしもほとんど聞いたことのないメーカーさんの名前です。 フリー(自由な)コンセプトというぐらいなのでご自由にお使いください。みたいな感じなんですかね〜〜。
カリンダブルステンレススープジャー
非常に安くお買い得なスープジャーです。 が、一応真空二重構造になっており、機能的には問題ないです。 ただ私、どうしても値段が気になります。 値段が高いからいいスープジャーというわけではないですが・・・。 このスープジャーのスタイル自体はスタイリッシュで素敵だとおもいますが、実力のほどはいかに? 便利な折りたたみスプーンがついています。
キュートな見た目。ボルダーシリーズ。
コーディネートしやすいカラーと豊富なバリエーションが魅力なボルダーのスープジャー。 ナチュラルブランチというとこから出ています。 こちらの会社、非常にスープジャーにも力を入れていて・・・
キャラクーターものは嫌いですか?
キャラクターもののスープジャーはお嫌いですか? 私は結構好きなんですけど。 キャラクターものは飽きがきちゃうけど時代に沿ったものでしたら全然ありだと思います。 キャラクターものといえば、私の友人が昔キキララの水筒をもってきていて、スンごい昔のでところどころ塗装がハゲているのですが、逆に古カッコイイというかおしゃれというか・・・
スープジャー使いこなせてますか?
スープダイエットなど話題のダイエットで痩せる。30代・40代で痩せにくくなった大人に必見のダイエット方法を提供する。

トップメニュー キッチン雑貨 様々なダイエット手法